学校案内

ホーム学校案内 > 校長からのメッセージ

校長からのメッセージ

岐阜工業高等専門学校 校長 伊藤義人

 国立岐阜工業高等専門学校(岐阜高専)は、全国に51校ある国立高等専門学校の1つで、独立行政法人国立高等専門学校機構に所属しています。国立高専には、全国で約5万3000人の学生がいます。
 岐阜高専は、設立されて55年がたちますが、中学卒業生を対象に教養教育と工学の早期専門教育を5年間一貫で施すことによって、実践的技術者を育てる伝統ある学校です。卒業後は多様な選択肢があります。まず、技術者として企業人や公務員として活躍することができます。産業界などから、高い評価を受けています。また、2年間の高専の専攻科に進学するか、7大学を始めとして多くの国公立大学が3年生編入定員枠を提供しており、複数の大学の編入学試験を受けられますので、これらの大学に編入学して学士の資格を得ることもできます。その後さらに、大学院に進む道もあります。岐阜高専では、約半数の学生が大学・大学院に進学します。このように、岐阜高専に入学すれば、自分の選んだ工学の専門分野について、早い時期に、より深く学ぶことができ、その後も自分に適した技術者、公務員および研究者など多様な道を選ぶことができます。この高専の教育システムは、国の内外で高く評価され、この制度を取り入れる諸外国も出てきています。
 岐阜高専は、現在、機械工学科、電気情報工学科、電子制御工学科、環境都市工学科、建築学科の5つの専門学科と3つのコースを持つ専攻科(先端融合開発専攻)があり、人文・自然分野の一般科目と合わせて、経験豊かで優れた教授陣が教育と研究に当たっています。各学科や専攻科について、この学校要覧は詳しく記述しています。
 広いキャンパスと整った設備、少人数教育、多彩なクラブ活動、高専体育大会、ロボットコンテスト、プログラミングコンテスト、デザインコンテスト、プレゼンテーションコンテストなどの機会、また、専攻科では外国の大学等へのインターンシップなど国立高専ならでの恵まれた環境の下で、伸び伸びと勉学、課外活動および人間形成に取り組めます。高専に入学すると、大学生と同じように「学生」と呼ばれます。これは、皆さんが実践的専門教育と教養教育を同時に受け、責任と自覚をもって今後高専で活動していただくためです。このような特長を有する岐阜高専への皆さんのご入学を歓迎します。

入学式式辞

入学式

 新入生の皆さん、ご入学大変おめでとうございます。
 しだれ桜が満開の今日、ここに、国立岐阜工業高等専門学校に入学された新入生の皆さんと今日ご参列の保護者の皆様に、岐阜高専の教職員を代表して、心からお祝いと歓迎を申し上げます。新入生の皆さんを新たな仲間として岐阜高専にお迎えすることは、私たち教職員にとって大変喜ばしいことです。
 本日、5つの本科には209名の皆さんが入学されました。機械工学科、電気情報工学科、電子制御工学科、環境都市工学科に各42名,そして建築学科に41名が入学されました。ほかに、3年時編入の留学生4名、専攻科36名の合計249名の方が本校に入学されました。本校の教職員一同、心よりお祝いし、歓迎いたします。
 本科の皆さんは、中学校を卒業されて岐阜高専に入学され高専生になりました。もし、高校へ進学されていれば、皆さんは中学校の時と同じように「生徒」と呼びますが、高専では大学生と同じ「学生」と呼んでいます。これは、皆さんが一般教養教育と実践的専門教育を同時に受け、責任と自覚を持って、今後高専で活動していただくためです。
 また、高専においては、一般教養教育と実践的専門教育を受けるだけでなく、先生方との協働によって学術・工学の進歩向上が図られます。この中で皆さんに重要なのが、健全な学生生活です。そして、この健全な学生生活に最も重要なのが健康です。健康に生活するための方法は、非常に単純です。よく眠り、しっかり朝食をとり、毎日1時間目の授業から出るという規則正しいキャンパスライフをすごすことです。これを卒業するまでずっと続けることが、健全な学生生活を送れる基本と確信しております。
 私は、昨年の4月1日に岐阜高専の校長に名古屋大学から赴任しました。昨年度1年間で種々の経験をしましたが、岐阜高専の教育・研究および社会貢献の水準をさらに高度なものとすることに努め、また、クラブ活動などの課外活動を快適なものにして、皆さんが岐阜高専を卒業するとき、「岐阜高専で学んでよかった」と心から思えるような学校にしたいとずっと考えています。これまでの岐阜高専の55年間の歴史に、新たなものを加え、是非一緒に岐阜高専の新しい伝統を創っていきたいと思います。
 私のはるか昔の学生生活とその後の40年間の研究者・教員の経験から、皆さんにお願いと助言をしたいと思います。
 まず1つ目は、学内はもとより日常において、しっかりと挨拶をしてください。皆さん方にとってコミュニケーション能力の涵養は、社会に出てからも非常に大事ですが、挨拶は、コミュニケーションの始まりです。学内では、全ての先生方や来客だけでなく学生どうしも、自然な形での挨拶をしてください。
 2つめ目は、多感な学生時代において何事にも興味を持ち、積極的に勉学を始めとする諸活動に取り組んでいただきたいことです。皆さん方は、工学を学びますが、スポーツや芸術、また、自然に触れることも非常に重要です。私の趣味の1つは、バードウォチングで、日本野鳥の会の会員です。昨年度1年間で岐阜高専内でだけでも、カワラヒワ、ヒヨドリ、ツグミ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、シジュウカラ、メジロ、モズ、コゲラ、コサギ、アオサギ、ジョウビタキなどの20種の野鳥を見ました。
 私は現在では100種程度の日本の野鳥を見分けられますが、高校入学時には、カラスとハトとスズメくらいしか区別できませんでした。姿だけでなく繁殖時の鳴き声、すなわちさえずり、英語でsongと言い、また、それ以外の地鳴き、英語ではcallと言いますが、これらを聞き分けるとさらに楽しめます。自然や芸術に触れることは、人間性を大変豊かにしてくれる可能性があります。
 3つ目は、自ら教養を高めるために高専教育の中での専門書以外の本も是非とも読んでください。教養は単なる知識ではありません。「生きる力」につながるものです。私は、前任の名古屋大学で附属図書館長を9年間務めましたが、学生アンケートで、30%以上の学生が勉学に関係する以外の本を全く読まないという結果を得ました。これは、東京大学などの他大学でも同じ結果でした。本は、他者が経験したことや獲得したものを追体験でき、自分の世界を広げ、考える力を養うことができます。
 4つ目は、学生時代に友人を作り、一生価値観を共有できる人達を多く持つようにしてください。私も、高校時代および大学・大学院時代の友人が多くいますが、社会に出てからできる友人とはまた違って、格別な役割を生涯果たします。特に何かの悩みにぶつかったとき、まずは周辺を整理整頓して、じっくりと問題を考え、保護者、カンウンセラーや先生だけでなく、同世代の友人にも相談してください。友人は大変貴重な存在になると思います。
 最後に、岐阜高専で行っているアクティブ・ラーニングについて簡単に説明します。アクティブ・ラーニングという用語は、まだ確定した定義はありませんが、教員による一方向的な講義形式の教育とは異なり、学修者の能動的な学修への参加を取り入れた教授・学修法と言われているものです。学生の皆さんが、授業に主体的に参画して、対話的で深い学びをするものです。知識のみを追求するのではなく、問題点の発見や社会の変化に対応できる能力を養うものです。
 新入生の皆さんが、快適で健全な学生生活をおくれるように教職員一同全力で支援をします。繰り返しになりますが、新入生の皆さんが岐阜高専を卒業するとき、「岐阜高専で学んでよかった」と思えるようにしたいと思っております。今後の学生生活を大いに楽しんでください。
 本日は、入学誠におめでとうございます。

平成29年4月5日
国立岐阜工業高等専門学校
校長 伊藤 義人

卒業式式辞

卒業式

 本日、早春のよき日に、ご来賓、保護者、関係者の皆様のご列席のもと岐阜工業高等専門学校の卒業式および修了式を挙行できますことは、私ども教職員にとりまして大きな慶びです。ここに、国立岐阜工業高等専門学校を卒業あるいは修了される学生の皆さんと今日ご参列の保護者の皆様に、岐阜高専の教職員を代表して、心からお祝い申し上げあげます。皆さんを岐阜高専から送り出すことができることは、私たち教職員にとって大変慶ばしいことです。特に、本科の卒業式は、今回50回目の記念の年でもあります。
 本日、本科生は190名が卒業し、専攻科生は19名が修了します。本科生は、機械工学科42名、電気情報工学科34名、電子制御工学科39名、環境都市工学科34名そして建築学科41名です。このうち、留学生は2名です。
 この5年間あるいは7年間、岐阜高専で、一般科目や実践的な専門教育だけでなく、種々の課外活動でも貴重な体験を沢山されたと思います。私は、昨年4月1日に名古屋大学から岐阜高専の校長として赴任してきましたが、この1年間だけでも多くの貴重な体験をしました。学生が中心となって運営された高専祭の専門展における5学科の展示やプレゼンテーションは、大変立派で頼もしく感じました。今年度は、高専体育大会の全国大会が東海地区で開催され、岐阜高専も主担当校になったテニスやバレーボールの種目もありました。また、今年度から岐阜高専は高専機構からグローバル高専の指定を受けて、多くの短期留学生を外国から受け入れて交流しただけでなく、皆さん方の中には外国へ留学され、貴重な体験をされた方々もいます。私も、ベトナムへ行き、ハノイ建設大学とベトナム中部土木大学と学術交流協定を締結してきました。
 これから、皆さんは就職、あるいは専攻科や他大学の大学・大学院に進学されますが、今後、多くの選択を迫られると思います。そのときに、人生の構想力、すなわちどんな人生を構想するかを常に考えるとよいと思います。一度しかない人生を、皆さんはどのように生きていくかを考えることです。米国の大学入試で課されるエッセイ、日本でいえば小論文に相当しますが、その主題はこの人生の構想力についてよく問われます。
 歳を重ねると、精神的に大きく成長変化して選択がしやすくなると考えがちですが、意外と20歳前後からほとんど変わらない芯の部分があるといわれています。今から自分自身をみつめ何を選択するかをじっくりと考えて、夢や志を実現してください。
 私個人の例ですが、最近のこの15年間は1ヶ月に1回の自然観察会に参加し、その記録を毎年本にして出しています。この本を見た友人から、経済学用語である「機会費用」という考え方を指摘されました。英語ではOpportunity Costと言いますが、ある行動を選択したとき、仮に選択しなかった他の行動をした場合に得られたであろう利益が犠牲になる、いわゆるコストになっていることを意味します。こんな本を書いている時間があれば、もっと専門に近い本を出した方がよいというような指摘だったと思います。
 もっと単純でわかりやすい例をあげましょう。人は怠ける生き物だとよく言われます。長い時間、何気なくテレビを見たり、ゲームで遊んだりする人も多くいますが、ぼ~っとする時間が長いほど、それだけ損失も大きくなり、機会費用を失います。
 一般に機会費用は、日々様々な選択肢がある中、現実的に行動する上で全ての選択肢を実現できないことから生ずるものであり、意思決定の際には非常に重要な考え方の1つとなります。しかし、個人的には、経済的な費用だけでなく、人生の構想力の中で、その選択がどのような位置づけをしているかが大事であると思います。私は自然に接して季節を感じる事が好きで、それを記録にとどめ、参加者や自然観察に興味を持つ人に少しでも貢献できればよいという選択をしてきています。人生の構想力を考え、何が自分を高めてくれるか、また、将来に渡って何をしたいかを明確にして、種々の選択をするとよいでしょう。
 岐阜高専では、平成26年から6年計画で、文部科学省の教育再生加速プログラム(略称AP)に採択され、ICT教育環境の整備を進め、アクティブラーニングと教育成果の可視化をこの3年間推進してきました。すなわち、教員からの一方的な知識の伝達ではなく、学生の能動的な学習を取り込み、自ら学ぶことを学ぶ教育です。これは時代の変化に対応する力、あるいは自ら考え問題を解決する力をつけるものです。やり抜く力の源泉でもあります。皆さんには、十分に,これらの力がついていると思います。
 大きな決断をするときに必要であれば、岐阜高専に帰ってきて、教職員に相談することも大いに歓迎します。高専で得られた友人や同窓会を大切にすることによって人的なネットワークができます。岐阜高専は、今後ずっと皆さんの心のふるさとであり、常に歓迎いたします。
 夢と高い志を持ち、そのために日々のやるべき事を着実に行い、みのり豊かで、社会に貢献できる人生をおくられることを強く希望いたします。卒業生、修了生の皆さんのこれからの洋々たる前途を祝すとともに、今後のご活躍を心から祈って、校長式辞といたします。本日は誠におめでとうございます。

平成29年3月17日
国立岐阜工業高等専門学校
校長 伊藤 義人

ページの先頭へ戻る