学校案内

ホーム学校案内 > 教育理念と目標

教育理念と目標

教育の目的

準学士課程

岐阜工業高等専門学校(以下「本校」という。)は、教育基本法の精神にのっとり、及び学校教育法に基づき、深く専門の学芸を教授し、職業に必要な能力を養い、有為の人材を育成することを目的とする。

専攻科課程

高等専門学校の基礎の上に、精深な程度において工業に関する高度な専門的知識及び技術を教授し、その研究を指導することを目的とする。

教育の基本方針

本校への多様な役割が期待される中にあって、高等学校や大学とは異なる高等専門学校本来の魅力を一層高めるという使命に燃え、日本の産業構造の国際化ならびに高度化に伴う急速な変化に柔軟に対応できる学力や創造力に加えて、環境に配慮した人間性豊かで倫理観を備えた技術者を育成するということが本校の教育方針であります。教育理念、教育目標及びその具体的な内容は不断に改善し、計画的に教育・研究活動を実行しています。より具体的には、以下に示すような「教育理念」、「養成すべき人材像」及び「教育目標」を高く掲げ、教職員はその目標に向かって努力します。

教育理念

  1. 科学技術に夢を託し、人類愛と郷土愛に目覚めること
  2. 国際性豊かで世界に羽ばたく気概を持つこと
  3. 情報化社会の最前線で活動すること

養成すべき人材像

科学技術に夢を託し、人類愛に目覚め国際性豊かで情報化社会の最前線で活躍する技術者

教育目標

準学士課程
  1. 広い視野を持ち、自立心と向上心に富み、教養豊かな技術者の育成
  2. 基礎学力を身に付け、創造力、応用力、実践力を備えた技術者の育成
  3. 国際コミュニケーション能力と先端情報技術を駆使する能力を備えた技術者の育成
  4. 工学技術についての倫理観を有した技術者の育成
  5. 教育研究活動を通じて社会へ貢献できる技術者の育成
専攻科課程
  1. 得意とする専門分野をさらに深めるとともに、異分野を理解し複数の分野にまたがった思考力を備えた技術者の育成
  2. 社会の要求するテーマを創造的に調査・企画・設計・計画し、継続的に解析・実行・改善できる問題解決能力を備えた技術者の育成
  3. 的確な日本語と国際的に通用するコミュニケーション能力を備えた技術者の育成
  4. 先端情報技術を駆使して専門分野のプログラムを構築する能力を備えた技術者の育成
  5. 多様でグローバルな視点の倫理的判断ができ、技術者の社会的責任を理解して地域貢献できる技術者の育成
ページの先頭へ戻る