就職・進学

ホーム就職・進学 > 卒業後の進路

卒業後の進路

高専を卒業したら

就職

岐阜高専の5年間の技術者養成の教育課程では、大学の工学部の高いレベルまで修得します。これに加えて、実験・実習等の体験型の授業も多く取り入れているため、企業からは岐阜高専の卒業生の実践的技術者としての素養が高く評価されています。そのため、岐阜高専の卒業生は技術系の総合職として企業に採用され、現在では多くの卒業生が企業の技術系幹部として活躍しています。岐阜高専の就職斡旋は、大学等の「自由応募」タイプとは異なり、企業さんから求人のお申し出があると、学校から推薦するタイプの就職斡旋です。昨今では、5つの学科で平均すると、この推薦タイプの就職斡旋について、学生一人当たり十数社の求人のお申し出を頂いています。

進学

最近では、岐阜高専の卒業生の約半数の100名程度が、就職しないで進学しています。岐阜高専からの進学は、そのほとんどが、岐阜高専の専攻科(30名程度)か、あるいは国立大学工学部の3年次編入(70名程度)です。

専攻科は2年間の教育課程であり、修了すると大学4年を卒業したのと同じく「学士」の称号が得られ、就職に際しては、学士として採用されますし、あるいは大学院へ進学することも可能です。さらに、専攻科の修了生の半数ほどが国立大学の大学院に進学しています。

一方、岐阜高専の5年間の課程から、国立大学工学部の3年次の編入学については、最近ではほとんどの国立大学で高専からの編入枠を設けて頂いているので、各大学の対応学科に欠員が無くても高専からの編入学の機会があります。また、編入学の方法としては推薦選抜と学力選抜とがありますが、学力選抜試験の日程は大学によって異なり、統一されていないので、岐阜高専の一人の学生さんが複数の国立大学を受験することができ、編入学の機会が増えています。編入学後の大学工学部での学習は、専門科目については、すでに岐阜高専で修得した内容の復習の場合が多いので、余裕を以て授業に臨むことができ、優秀な成績を維持することができます。大学の先生方からも高専からの編入学生についての高い評価を頂いています。

最近の中学校からの岐阜高専への入学生の中には、最初から卒業後の大学3年次編入学を目指して入学してくる学生も多いようです。進学高校からの学習塾に通いながら大変な苦労をして有名国立大学に入学するより、岐阜高専で人生の早期から技術者としての素養を着実に磨き、岐阜高専から有名大学工学部の3年次編入学する方が、人生設計としては、有利で合理的であるとする考え方もあります。

岐阜高専の5年の教育課程を卒業して、就職するのがよいか、あるいは進学するのがよいのかは意見の分かれるところです。成績優秀者が5年卒業と同時に有名企業に就職する場合も多く、一方で岐阜高専での学業成績がそれほど振るわなかった学生も、最後の一年間程度の集中と頑張りで、有名大学の編入学試験に合格する場合もあります。

大学編入学及び高等専門学校専攻科合格状況(141KB)

ページの先頭へ戻る