環境都市工学科とは

近年,わが国は多くの災害にみまわれています.なかでも平成23年に発生した東北地方太平洋沖地震は観測史上最大のマグニチュードを記録するとともに,地震に伴って発生した津波もあいまって甚大な被害をもたらし,わが国がまだまだ自然災害に対して脆弱な面を持っていることを思い知らしめました.寸断された道路や鉄道により人々の生活基盤は奪われ,一刻も早い復旧が望まれる中,環境都市工学科を卒業した技術者達が住民の期待に応えて寝食を忘れ道路や鉄道の復旧にあたっています.

環境都市工学科では,自然災害から国土を守る「防災」,快適で安全な生活や産業を支える「社会基盤整備」に関わる技術を創造・提案できる能力を身につけます.さらに,自然と共生・調和し環境負荷の低減を考慮した「循環型の都市づくり」についても取り組みます.

卒業後に就職する場合,大きく分けて,防災や社会基盤整備に関する計画立案をする職種(国家・地方公務員),防災や社会基盤に関する施設を設計・施工・維持管理する職種(設計会社,建設会社),のいずれかに就きます.いずれも,自分の技術が住民の安全で快適な生活に貢献していることを実感できる仕事です.公共心が強く,住民の役に立つことに喜びを感じられる人にとって,工学の中では最も適した分野といえましょう.