水野 和憲/准教授

活動概要

水野研究室では「地盤の問題を解く」という観点から主に数値解析によって様々な工学的問題に取り組んでいます. 最近では「支持力問題」や「斜面安定問題」を取り上げ,有限要素法(FEM)を用いて,精度の高い極限荷重や安全率を算出することを目的に研究を行っています.

専門分野/キーワード

土質力学,地盤工学

主な研究テーマ

  1. 極限つり合い計算を用いた地盤の安定問題
  2. 力学実験における教材の開発

所属学会

土木学会,地盤工学会,日本工学教育協会

E-mail

kazu@gifu-nct.ac.jp

Phone

058-320-1404

Fax

058-320-1409

最近の研究業績/発表論文

  1. 鈴木正人・坂本淳・水野和憲:テキストマイニング手法によるキャリア教育の評価の試み-学生による自由記述アンケートの分析を通して-,論文集「高専教育」第38号,pp. 294-299,2015年3月.
  2. 水野和憲・森弘一・村瀬恒太郎・藤吉克弥・溝口大起:実践的かつ創造的な土木技術者を養成するための新しい地盤工学への取組み,論文集「高専教育」,第38号,pp. 356-361,2015年3月.
  3. 豊田智大・水野和憲:剛塑性有限要素法による粘性土地盤の不均一性を考慮した支持力解析,第26回中部地盤工学シンポジウム論文集,pp. 25-32,2014年8月.
  4. 石川雄大・水野和憲:剛塑性有限要素法を用いた均質一様な飽和粘性土地盤の斜面安定解析,平成26年度土木学会中部支部研究発表会,III-01,pp. 179-180,2015年3月.