坂本 淳/准教授

坂本研究室のページへ

坂本淳のホームページ

活動概要

〔研究テーマ1:地方鉄道の再生・活性化に向けた地域住民の役割〕

今後,地域が鉄道を将来にわたって必要とするのであれば,地方鉄道の再生,さらには活性化に向けた取り組みについて,住民や自治体が中心的な役割を担って議論することが重要です.本研究は,存廃が危ぶまれている地方鉄道を対象とし,再生・活性化に向けた地域住民の協力意識の分析を目的とするものです.

〔研究テーマ2:高速道路利用後の運転者に着目した速度特性〕

運転者が自車の走行速度を選択する要因は様々であることが知られていますが,高速道路のような開けた条件で長時間運転すると主観的速度は実速度よりもかなり低下し,こうした速度感のマヒは高速道路利用後のランプ付近等で発生すると言われています.本研究は,高速道路利用後の運転者を対象とした速度特性を分析することを目的とするものです.

専門分野/キーワード

交通計画,都市計画

主な研究テーマ

  1. 地方鉄道の再生・活性化
  2. 集中豪雨時の交通行動分析
  3. 自動車運転者の速度感分析

所属学会

土木学会、交通工学研究会、日本都市計画学会、アジア交通学会、日本福祉のまちづくり学会

E-mail

sakamoto@gifu-nct.ac.jp

Phone

058-320-1395

Fax

058-320-1409

最近の研究業績/発表論文

  1. 坂本淳・山岡俊一・藤田素弘:地方鉄道に関する情報提供が沿線住民の意識に及ぼす影響分析-樽見鉄道を事例として-, 第35回交通工学研究発表会論文集, 2015.
  2. 鈴木正人・坂本淳・水野和憲:テキストマイニング手法によるキャリア教育の評価の試み-学生による自由記述アンケートの分析を通して-,論文集「高専教育」第38号,pp. 294-299,2015年3月.
  3. 藤田 素弘・大橋 雅也・坂本 淳:東海地域台風豪雨時における公共交通の帰宅困難状況と情報入手・正確性との関係分析, 土木学会論文集D3 (土木計画学), Vol.70, No.5, pp.75-84, 2014.
  4. 坂本淳・鈴木正人・山岡俊一:定期試験に関する計画目標と実現状況の関係および段階変化に関する研究, 工学教育, Vol.62, No.5, pp.50-55, 2014.
  5. 坂本淳・山岡俊一・藤田素弘:地方鉄道の再生・活性化に向けた支援活動への住民の参加意向に関する調査分析-樽見鉄道を事例として-, 都市計画論文集, No.48, No.3, pp.183-188, 2013.