角野 晴彦/准教授

活動概要

環境分野の研究は,水や有機性廃棄物の処理に関するものです.ここでは,特に微生物の力を利用して処理する技術を研究開発しています.微生物は目では見えない小さな生物ですが,これまで何億年にもわたって地球環境を支えてきた立役者です.これからも微生物の力を最大限に発揮できれば,環境問題を解決する強力な仲間になります.環境問題は,年々注目されてきておりますが,一朝一夕に解決できる方法はありません.また,一個人の力で劇的に改善できるものではありません.本研究も,微生物と同じように歩みや成果は小さくとも,必ず環境問題の解決に貢献させるという信念を持って,成果を積み上げていきます. 教育分野の研究は,高専をはじめとする工学教育に関するものです.これは,昨年度から初めてばかりで,手探りの状態です.高専設立より間もなく半世紀を迎えます.この半世紀の間に,日本は科学技術立国として世界から認められ,我々の生活も成熟してきました.現在も,将来も,半世紀前とは異なる技術者の育成が必要になります.本研究では,その時代に必要な技術者像は,どのような人物なのか?高専の役割は何処にあるのか?を明らかにしていきます.

専門分野/キーワード

環境工学/省エネ型排水処理,有機性廃棄物処理,環境修復技術,微生物生態,工学教育/エンジアリングデザイン,共同教育

主な研究テーマ

  1. 嫌気性排水処理とその周辺技術
  2. 窒素含有排水処理
  3. 高専におけるエンジニアリングデザイン(ED)能力育成

所属学会

日本水環境学会,土木学会

E-mail

sumino@gifu-nct.ac.jp

@は半角にしてください.

Phone

058-320-1408

Fax

058-320-1409

最近の研究業績/発表論文

  1. Yoochatchaval, W., Onodera, T., Sumino, H., Yamaguchi, T., Mizuochi, T., Okadera, T., Syutsubo, T.: Development of a down-flow hanging sponge reactor for the treatment of low strength sewage, Water Science & Technology, 70.4, pp. 656-663, 2014.
  2. 角野晴彦・森夏希・小野寺崇・水落元之・珠坪一晃:無酸素DHS・好気DHSリアクターを用いた循環式硝化脱窒法による下水の連続処理,用水と廃水,Vol. 56,No. 11,pp. 41-49,2014.
  3. Onodera, T., Yoochatchaval, W., Sumino, H. Mizuochi, M., Okadera, T., Fujita, T., Banjongproo, P., Syutsubo, K.: Pilot-scale experiment of down-flow hanging sponge for directtreatment of lowstrength municipal wastewater in Bangkok, Thailand, Bioprocess and Biosystems Engineering, 37(11), pp. 2281-2287, 2014.
  4. 段下剛志・角野晴彦・小島誠貴・川上周司・高石有希子・山口隆司・珠坪一晃:デンプン含有排水を処理する酸素供給型DHSリアクターの運転方法の検討,土木学会論文集G(環境),Vol. 70,No. 7,pp. III_141-III_150,2014年.
  5. Matsuura, N., Hatamoto, M., Sumino, H., Syutsubo, K., Yamaguchi, T., Ohashi. A.: Recovery and biological oxidation of dissolved methane in effluent from UASB treatment of municipal sewage using a two-stage closed downflow hanging sponge system, Journal of Environmental Management, 151, pp. 200-209, 2015.
  6. Onodera,T., Syutsubo, K., Yoochatchaval, W., Sumino, H., Mizuochi, M., Harada, H.: Protection of biomass from snail overgrazing in a trickling filter using sponge media as a biomass carrier : down-flow hanging sponge system, Water Science and Technology, 71(4), 518-523, 2015.
  7. 川上周司・角野晴彦・山内正仁・山田真義・高橋利幸・山田剛史・平石明:高専―豊橋技科大連携による先端的環境バイオ技術者養成のためのPBL授業,平成26年度全国高専教育フォーラム,教育研究活動発表概要集,pp. 442-443,2014.
  8. 太田優輝・宮岡佑馬・幡本将史・山口隆司・Wilasinee Yoochatchaval・角野晴彦・珠坪一晃:タイ王国バンコク都におけるDHS/硫黄脱窒システムによる下水処理特性の評価,第49回日本水環境学会年会講演集,pp. 241,2015.
  9. 珠坪一晃・小野寺崇・水落元之・岡寺智大・藤田壮・角野晴彦・Wilasinee Yoochatchaval・宮岡佑馬・太田優輝:省エネルギー型下水処理システムのバンコクにおける性能実証,第49回日本水環境学会年会講演集,pp. 438,2015.
  10. Sumino, H., Majima, K., Danshita, T., Kojima, S., Kawakami, S., Takaishi-Konda, Y., Syutsubo, K.: A Food Industrial Wastewater Treatment in a DHS(Down-flow Hanging Sponge)Reactor, Proceedings of the Second Joint Seminar of Japan and Indonesia Environmental Sustainability and Disaster Prevention(ESDP―2015)(organized by NIT Gifu college, Japan and Institute Teknologi Bandung, Indonesia ), Denpasar, Indonesia, pp. 103-111, 2015.
  11. 角野晴彦,大岩勇太,小澤徹,珠坪一晃,原田秀樹,大橋晶良,硝化型DHS/硫黄脱窒反応槽による低コスト型下水三次処理,用水と廃水,51(8),50-59,2009
  12. Syutsubo, K., Yoochatchaval, W., Yoshida H., Nishiyama, K.,Okawara M., Sumino, H., Araki, N., Harada, H., Ohashi, A., Changes of microbial characteristics of retained sludge during low-temperature operation of an EGSB reactor for low-strength wastewater treatment, Water Science & Technology, 57(2), 277-281, 2008
  13. Sumino H., Takahashi M., Yamaguchi T., Abe K., Araki N., Yamazaki S., Shimozaki S., Nagano A., Nishio N.: Feasibility study of a pilot-scale sewage treatment system combining an up-flow anaerobic sludge blanket (UASB) and an aerated fixed-bed (AFB) reactor at ambient temperature, Bioresource Technology, 98, 177-182, 2007