環境都市工学科での5年間

環境都市工学科に入学後,どのような学生生活を送るのか.学科に特化した内容をご紹介します.
5年間の授業の詳細はシラバスをご覧ください.

1年生

「シビルエンジニアリング入門」の授業では,現場見学会や作品制作を通して環境都市工学のイメージをつかみます.

2年生

メインの一般科目の外に,基礎製図・測量学・基礎力学・基礎材料学といった専門科目を学びます.

3年生

3年は機器を使った専門の実験・計測の授業が増えてきます.秋には学外研修が行われます.

4年生

夏にはインターンシップ,秋に1週間の研修旅行があります.一方,毎日の授業は構造・地盤・水理・環境・都市といった環境都市工学主要分野にわたる専門の科目がほとんどになります.

5年生

5年になると各研究室に配属され卒業研究を行います.最後にこれまでの研究の成果を発表会で発表します.