研究室の概要

この研究室では、ネットワーク応用システム,位置情報応用システム,加点資料分析への計算機利用(文理融合分野)の研究を行っています。 H23年度に岐阜高専にできた研究室です。

研究室の研究テーマ

スマートフォンを用いた情報提示システム

近年、スマートフォンと呼ばれる高性能な携帯端末が急速に普及しています。 これらの端末は常にインターネットに接続できるだけでなく、多種のセンサーを備えています。 また、3Gや無線LAN、Bluetoothなど複数の通信装置を持っていることも特徴です。 田島研究室では、スマートフォンの持つこれらの特徴を利用したシステムの研究を行っています。 例えば、周囲のユーザのつぶやきを集め周辺のホットな情報を自動的に提示するシステムや、 センシング情報を利用し、自転車などの安全性を高めるシステム、 ハードウェアの複数の通信装置を使い分けることにより、安全性や通信速度などを向上させるシステムなど、を考えています。

位置情報応用システム

携帯電話へのGPS標準搭載が進み、誰もが容易に自分の位置を 測定できるようになってきました。位置情報の応用分野は広く、 測量だけでなく、ITS、運送分野、情報通信、人文科学系の調査(古地図 を使った地域調査や、社会調査)など多岐に渡ります。 田島研究室では、この位置情報を利用するシステムの研究を行っています。 携帯端末のGPSで取得した値を、通信回線を通してサーバに蓄積し、 地域の活性化や高齢者の安心・安全のために役立てるシステムを研究中です。 また、人文科学分野への応用システムとして、地域の看板や言語(方言など) の調査を行うためのシステム開発にも力を入れています。 さらに、屋内やビル街などで精度が低下するGPSの問題点を補うために、 GPS以外の方式を組み合わせた新しい測位方式のアイデアなども検討しています。

配属学生と研究テーマ

H27年度

卒業研究

氏 名卒業研究タイトル対外発表など
石谷 友宏株取引をテーマとした能動的な授業のためのコンテンツ開発
樋口 雄太睡眠状態に注目した高齢者の見守りシステムの試作
西中 智樹家族とのつながりを深める高齢者見守りアプリの試作
細野 佑斗Twitterにおける段階的な位置情報共有方式の試作

H26年度

特別研究(専攻科)

氏 名特別研究タイトル対外発表など
佐村 拓哉スマートフォンを用いた言語景観調査を支援するシステムの研究 日本語学会2014年度秋季大会
藤吉 良太加速度センサを活用したクラウドサービスによる高齢者見守りシステムの開発 マルチメディア、分散協調とモバイルシンポジウム2014

卒業研究

氏 名卒業研究タイトル対外発表など
中島 颯人買い物支援システムのためのBeaconを用いた屋内測位手法の研究
水野 泰雅非接触によるスマートフォン操作のためのウェアラブルデバイスの試作
山崎 壮平映像文化作品の舞台を対象とした観光用アプリケーションの試作

H25年度

特別研究(専攻科)

氏 名特別研究タイトル対外発表など
三宅 隼スマートフォンに搭載された複数のセンサを用いた位置情報推定補助手法の研究 2013年電子情報通信学会 総合大会
篠田 篤スマートフォンと組み込みデバイスを用いた スポーツ自転車向けセンシングシステムの研究 2013年電子情報通信学会 総合大会
マルチメディア、分散協調とモバイルシンポジウム2014

卒業研究

氏 名卒業研究タイトル対外発表など
河村 祐樹スマートフォンを用いた明るさ強度マップの試作
佐藤 史章位置情報修正のためのスマートフォンによる乗り物判定手法の研究
橋村 和樹スマートフォンと計測デバイスを組み合わせた熱中症防止アプリの試作

H24年度

卒業研究

氏 名卒業研究タイトル対外発表など
青木 慎パンフレットを対象としたマーカーレスARによる情報提示システムの開発
佐村 拓哉言語景観調査を支援するスマートフォンアプリの開発 情報処理学会 第98回CH研究会
藤吉 良太クラウドサービスを用いた高齢者見守りアプリケーションの開発 2013年電子情報通信学会 総合大会

H23年度

卒業研究

氏 名卒業研究タイトル対外発表など
渡辺 愼高齢者のためのスマートフォンによる見守りシステムの開発 情報処理学会第74回全国大会
三宅 隼スマートフォンに搭載された複数のセンサを用いた位置情報推定補助手法の研究  
2016.3.17 更新