自己紹介

2017年4月に岐阜高専に着任した冨本悠公(とみもとひろまさ)と申します。
宇部高専の本科・専攻科を卒業した後,山口大学大学院で博士号を取り現在にいたります。
スポーツはこれまでに水泳,野球,少林寺拳法をしてきました。今はバスケ部の顧問になりましたのでバスケも始めました。
他にも,バイクや自転車,電子工作やDIYなどのものづくりも好きです。
高専の先生の業務には主に研究と教育の2つがあり,ここでは研究活動の報告と,教育面としてものづくり活動の成果を発信していこうと思います。

研究内容

私の研究分野は福祉工学です。福祉といっても様々あり,なかでも介護福祉が専門になります。例えば,

  • 手が不自由な人のための食事支援ロボットや
  • 家電機器の動作から高齢者の安否を確認するシステム
などの開発を行ってきました。その他にも
  • 体導音センサを使った脈拍・呼吸数計測
  • スマートフォンを用いた呼吸数計測と揺らぎ検出
  • 車椅子の安全をサポートする,超音波センサを用いた危険路面判別
  • 空中結像ガイドによる静脈認証
にも携わっています。静脈認証は関係ないですが(笑)このように介護福祉に役立つためのシステム開発がテーマになります。

問い合わせ先

〒501-0495 岐阜県本巣市上真桑2236-2
岐阜工業高等専門学校 電気情報工学科
TEL: 058-320-1359(研究室)
E-mail:tomimoto[at]gifu-nct.ac.jp
※[at]は@に直してください