岐阜工業高等専門学校 情報処理センター 本文へジャンプ
施設概要


第2演習室  2nd training room
 情報処理センターは,情報処理教育,eラーニング,CAI(計算 機支援による教育),CAD(計算機支援による設計)教育および卒業研究,学術研究などに利用 できる各学科共通の施設です。
 校内LAN はギガビットイーサネットで整備され,外部へはSINET および岐阜情報スーパーハイウェイに接続されています。本センター内には,平成18年度から新しくネットワークブートシステムによるパソコン142台が3 つの演習室に分かれて配置されています。これらはインターネットにも接続されていますので,学 生は電子メールでいろいろな人とコミュニケーションしたり,世界のホームページを見ることや文 献の検索をしたりすることもできます。

  The Information Processing Center is the common facilities which can be used for computer education, e-learning, CAI (Computer Assisted Instruction), CAD (Computer Aided Design), graduation studies, academic research and so on.
  The school’s local network runs on the gigabit Ethernet, and is connected to SINET and Gifu Information Super Highway. Since 2006, 142 new PCs that run on the network boot system have been operating in the Center’s three classrooms. They are connected to the Internet, so the students can use them to communicate with various people by e-mail, to look around the websites and to access the library database.
● センター職員紹介

情報処理センター長   教授        出口 利憲
情報処理センター    図書・情報係      土川 洋史
情報処理センター    技術職員