ホーム > 岐阜高専キャンパスマスタープラン 2017

岐阜高専キャンパスマスタープラン 2017

 キャンパスマスタープラン(Campus Master Plan)は、岐阜高専がその経営理念に基づき合意形成した、キャンパス空間の計画目標であり、継続的に実施されるキャンパス整備等と運営の拠りどころとなる指針です。

 岐阜高専では、2013年5月に「キャンパスマスタープラン 2013」を策定しました。

 岐阜高専のキャンパスマスタープランは、岐阜高専の教育の目的・目標のため、また、第三期中期目標・中期計画及び国立高専機構施設整備5か年計画に対応した計画が必要となりました。

 新たなキャンパスマスタープランを策定するために、2016年8月に「キャンパスマスタープラン 2013」の点検・見直しを策定し、点検・見直しによる改善事項を踏まえた、「岐阜高専キャンパスマスタープラン 2017」を策定しました。

□キャンパスマスタープラン 2017(表紙)
□20年後の岐阜高専キャンパス
□現状の岐阜高専キャンパス(H28.08撮影)
学科・専攻科
  • 機械工学科
  • 電気情報工学科
  • 電子制御工学科
  • 環境都市工学科
  • 建築学科
  • 専攻科
ページの先頭へ戻る