ニュース

ホームニュース > 岐阜高専、交流協定締結のアイオワ大学からの双方向受入インターンシップ修了式を挙行

2016/08/01岐阜高専、交流協定締結のアイオワ大学からの双方向受入インターンシップ修了式を挙行

  平成28622日ならびに714日に、岐阜高専は、36週間にわたって受入れたアイオワ大学の学部生計3名のインターンシップ修了式を行いました。岐阜高専は平成25年度から毎年JASSOの支援を受けて、米国・アイオワ大学(University of Iowa 工学部と学生の交換(派遣・受入)を行っています。岐阜高専の専攻科生を先方大学の研究室に派遣し、3週間の研究指導を受けるプログラムを実施しており、今回、アイオワ大学から学部生を双方向交流として受け入れたものです。岐阜高専の機械工学科、電子制御工学科、環境都市工学科に学生を配属し、岐阜高専生とともにそれぞれのミニ研究テーマを実施するとともに、岐阜高専学生との交流を深めました。アイオワ大学学生との面談、アンケートによる満足度は高く、本校との絆を深くして帰国しました。この双方向協定型の短期交換プログラムは、JASSOの短期研修・研究型の受入れ支援により初めて可能となり、岐阜高専学生・教員の国際化・グローバル人材育成に大いに寄与しています。修了式では、懇談の後、山本高久国際交流室長らの立会いの下に、伊藤義人校長から学生に修了証書が手渡されました。
印刷用PDF↓

    ページの先頭へ戻る